アクセス解析の具体的な方法の詳しい説明。ネットビジネス・アフィリエイト成功にアクセス解析は欠かせません。何を意識して、何に気をつけながらアクセス解析を分析すれば良いのかを具体的な話を交えて初心者にも分かりやすく説明。ここに書かれていることが理解できたうえで実践できれば、アフィリエイトネットビジネスで成功すること間違いありません。

グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!!

「グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!!」トップページ>>SEOの具体的な方法(16)アクセスログ解析の分析




SEOの具体的な方法(16)アクセスログ解析の分析



@ アクセスログ解析で分かること                             


 アクセスログ解析は顧客のニーズに対応したホームページを作成するのに必要不可欠のものとなります。アクセスログ解析から分かるこものには以下のものがあります。

番号 項目 説明
PV数(ページビュー数) ページが何回表示されたかを示す数字
アクセス元のURL どのホームページを辿ってきたかが分かる
アクセス元 検索エンジン Yahoo! Google MSN goo BIGLOBE infoseekなど
検索 キーワード 検索された単語
検索 キーフレーズ 検索された複合語
ユニークアクセス 何人の人が見にきたのかを表す数字。
同じ人が複数のページにアクセスしても「1」とカウントする
曜日や時間帯ごとの統計 曜日や時間帯ごとのPV数やユニークアクセス数
リピート回数 何回目の訪問かが分かる
前回訪問からの期間 頻繁に来る人が多いかたまに来る人が多いかが分かる
10 入口ページ サイトのどのページから入ってきたかが分かる
11 出口ページ サイトのどのページから出たかが分かる
12 ユーザー行動 訪問者がどのページから入り、どのページを渡って歩き最後にどのページから出たかが分かる

A アクセスログ解析のポイント                                   


(1) どんな「キーワード」で検索されたかを調べる                                   


 自分のホームページにどんなキーワードで検索して訪問してきたのかを知ることは非常に重要です。

 どのアクセス解析サービスでも検索されたキーワードの一覧が表示されますが、この一覧を見るときに重要なことは、
検索数の多い上位のキーワードだけでなく中位から下位のキーワードもしっかり確認するということです。そこから思いがけない発見があったり、そのキーワードに関するページをさらに改善していけば、顧客(訪問者)のニーズにしっかりと応えることができます。

 顧客のニーズを掴む方法としては以下のキーワードアドバイスツールを使用するのが一般的です。
キーワードアドバイスツール 説明
Overtureキーワードアドバイスツール Overtureの提携サイトで実際に使用されたキーワードと検索数(前月)が表示されます。「インターネットユーザーがどんなキーワードを入力したのか?」について、そのキーワードの多い順が分かります。
Googleアドワーズ広告キーワードツール 入力したキーワードのほかにどんなキーワードが考えられるかを提案してくれるソフト。ただし数値的な情報はありません。
キーワードアドバイスツール(無料登録ドットコム) 「Yahoo!」「Google]の検索エンジンで特定の「キーワード」が月に何回検索されたかを調べることができます。また特定の「キーワード」がどういった言葉と複合されて検索されているかを調べることもできます。

また、大手検索エンジンなどの検索キーワードランキングも参考になります。
検索キーワードランキング 説明
Yahoo!JAPAN 検索ワードランキング Yahoo!で検索されたキーワードの検索数ランキング。「総合ランキング」「有名人ランキング」「テレビ番組名ランキング」「漫画、アニメ名ランキング」「ゲーム名ランキング」「勝ち組ワード10選」「急上昇ランキング」など多彩なキーワードランキングがあります。
Google Zeitgeist 世界中の「?」が集まるGoogle。Googleでは毎月、国別に気になる検索キーワードのランキングとトレンドを発表しています。
goo ランキング gooで検索されたキーワードについてのジャンル別のランキング。多種多様なランキングが紹介されています。
livedoor 検索キーワードランキング livedoorニュースと連動したキーワードが上位にきています。
【楽天市場】ランキング市場 あなたの検索したキーワードは何位?旬なものから定番のキーワードまで、楽天市場で一番検索されているキーワードが一目でわかる「キーワードランキング」です。楽天市場ならではのキーワードが並んでいます。楽天アフィリエイトを行っている方は必見です。
BIGLOBE 旬感ランキング BIGLOBEのの「検索キーワードランキング」「ニュースランキング」「動画ランキング」「映画ランキング」「音楽ランキング」など
Infoseek キーワードランキング インフォシークで検索されたキーワードを、カテゴリ別に順位づけしたウィークリーランキングです(毎週木曜日更新)。カテゴリは、時事・スポーツ・エンタメタイトル・男性有名人・女性有名人・注目の計6種類になります。
2ちゃんねる検索キーワードランキング 有名巨大掲示板の「2ちゃんねる」の「2ちゃんねる検索」でよく検索されたキーワードのランキング

 さらにアクセス解析で検索されたキーワードを調べることで、より細かく的確に訪問者(顧客)のニーズを掴むことができます。

 アクセス解析で検索されたキーワード・キーフレーズを検索数の多い順に並べてみると、上位にはやはり「ビックキーワード」が並びます。中位から下位にかけては絞り込まれた「スモールキーワード」がたくさん並びます。
(ロングテールと呼ばれています。)

 中位や下位のキーワードは検索数が少ないから、そこに労力を使っても無駄とかニーズがないと錯覚してしまいがちですが、実際にはその反対でニーズが高いだけでなく目的がはっきりしているので意識や関心が高いため購買意欲も高いのです。(
コンバージョン率が高い

 そもそも
SEOの意義とは何か?ただホームページをいろいろなキーワードで上位にくるように最適化することなのだろうか?そう思っている方はきっとネットビジネスにおいて成功はないだろう。

 自分のサイトへのアクセス数は確かに大切です。しかしアクセス数が増えたとしても、それが
「通行人」「冷やかし客」だったら全く意味がありません。購買意欲の高い客をいかに集め、いかに満足させられるかが大切なのです。

 マスマーケティング全盛の時代から今やいかに「個別のニーズ」に対応できるかにビジネスの流れが変わってきています。名言に
「あの店は何でも揃っているが欲しいものは無い」というのがあります。このセリフが端的に時代の流れを象徴していると思います。

 ですから購買意欲の高い、絞られた「スモールキーワード」でくる訪問者をどれだけ満足させられるかがネットビジネスの成否のカギを握っています。コンテンツの充実を図るためにも常日頃からアクセス解析を行い、訪問者のニーズを的確に掴み、ホームページを改善していくことが重要になります。

(2) 「1人あたりの平均ページ閲覧数」を調べる                                     

 
簡単な計算方法

「1人あたりの平均ページ閲覧数」=「PV数(ページビュー数)」÷「ユニークアクセス数」

になります。しかし、実際には

「1ページ」→「40%」 「2ページ」→「9%」 「3ページ」→「7%」 「4ページ」→「6%」 
「5ページ」→「6%」  「6ページ」→「5%」 「7ページ」→「4%」 「8ページ」→「6%」 
「9ページ」→「5%」  
「10ページ以上」→「12%」                  

のような比率になっている場合が多くあります。

 注意していただきたいのが、「10ページ以上」閲覧する人が多いということです。これは何を意味しているかというと
最初の1ページ目の内容に満足すると次々と他のページを見てくれる可能性が高いということです。

 なお「1人あたりのページ閲覧数が少ない」場合、つまり「直帰率が高い」場合は、「コンテンツの見直し」を検討するべきです。どのように検討するかは次の話と関係があります。

(3) 「入り口ページ」がどこかを調べる(トップページでない場合が多くあります!!)                 
 多くの方が勘違いしている点に訪問者は
「トップページ」からやってくるという点があります。確かに2005年の10月まではその傾向が強くありました。

 というのも、日本のネットユーザーの多くは「Yahoo!」を利用しています。2005年10月までは、「Yahoo!」の検索結果ページには

1.Yahoo!サービスとの一致
2.スポンサーサイト
3.Yahoo!登録サイトとの一致
4.ページとの一致

の順番で表示されていました。特に3の「Yahoo!登録サイトとの一致」に表示されていたサイトは多くのアクセスを稼いでいました。Yahoo!にカテゴリー登録されると「トップページ」が紹介されるので「トップページ」からの訪問者が多かったのです。

 しかし、
2005年10月になってYahoo!の検索結果画面が変わりました。2の「スポンサーサイト」と4の「ページとの一致」のみが表示されるようになりました。特に「ページとの一致」では入力されたキーワードと関連性の強いページを表示するため「トップページ」よりも詳細が書かれた「個別のページ」が上位に表示されるようになったためトップページ以外からの訪問者が多くなりました。(Googleはこの傾向がさらに強い

 今や、
「トップページ」からの訪問者は「リピーター」の割合が多く、「個別ページ」からの訪問者が「新規訪問者」である割合が多いのです。

 (2)(3)を考え合わせると直帰率が高い理由と具体的な対応策が浮かび上がってきます。

<「直帰率」が高い理由>                                                   

1.「目的の情報」がすぐに見当たらない。「コンテンツ」が乏しい。
2.「トップページ」へのリンクがなかったり、「次に進むべきページ」へのリンクがない、または分かりづらい。


<具体的な対応策>                                                      

1.個別ページのコンテンツを充実させる。


 いろいろなキーワードで上位に表示させるためにたくさんの「キーワード」を埋め込むような
「検索エンジンスパム」的な手法を用いない。たとえ上位に表示されてアクセスがあったとしても、目的の情報が書かれていなければ、訪問者はすぐに立ち去ってしまうだけです。アクセスが多いのにコンバージョン率が極端に低いとお悩みの方はこういったサイトになっていませんか?確認してみて下さい。結局(1)〜(3)のどの観点からも「個別ページを詳細に作りこむこと(=有益な情報・コンテンツの提供)」が重要だということがお分かりいただけたと思います。

■アフィリエイト・ネットビジネスの成功の必勝成功パターン

「個別ページ」をしっかり作り「スモールキーワード」で上位表示できるようSEOを施す。
              ↓
「個別ページ」の「新規訪問者」を「リピーター」に変える。
              ↓
「リピーター」にたくさんのページを見てもらう。

 こうなれば結局、「ビッグキーワード」で上位表示されなくても「ビッグキーワード」で上位表示されたのと同等、もしくはそれ以上の効果があり、結果がついてきます。

2.ユーザビリティー(使いやすさ・分かりやすさ)の向上

「ページの左上にトップページのリンクが貼られた「ロゴ」を入れる」
「画面上部に「パンくずリスト」を入れる」
「画面の一番下にトップページへの「テキストリンク」「メニュー」「サイトマップ」を入れる」
「画面左側」か「画面右側」に「メニュー」を入れる」

 以上で効果的なアクセス解析の方法の話は終了です。ここに書かれていることは内容が盛りだくさんです。しかし重要なことばかりです。「アフィリエイト」や「ネットビジネス」で行き詰ったときにもう一度、読み直してみて下さい。スランプから抜け出すヒントが隠されていると思います。

 どんな内容でも同じですが、1回読んだときには理解したつもりでも、実際には理解できていなかったり行動に移せていなかったりするときはよくあります。ですからここから先は
試行錯誤(トライ&エラー)を繰り返して、そして何度もこのサイトに書かれていることを読み返して、自分にあったビジネスを展開して欲しいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。貴殿の発展をお祈りいたします!!

 なおアクセス解析には無料のものと有料のものがあります。アクセス解析はネットビジネスの成否のカギを握りますので、ぜひ有料高性能アクセス解析を利用することを強くお勧めします。



注目⇒初心者でも確実に不労所得月収20万円以上を稼ぐ方法とは?



▲「グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!!」トップページへ

▲前へ(SEOの具体的な方法(15)更新履歴を作成しよう



グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!! 
確実に不労所得を月に10万円以上稼ぐ方法はこちら↑
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!! All right reserved.

アドセンスに関する
オススメ情報
アドセンスで稼ぐ3ヶ月で70万円オーバー
アドセンスで1ヵ月後に$700/月を稼いだ秘訣を公開!その名もリッチーガバチョ!
ガバチョを10倍使いこなす!アドセンスをはじめて3ヶ月で!?ガバチョサイトだけで一日 $100 稼いだ!アドセンスを使って、劇的に稼ぐ方法・・・
Google Adsense(グーグルアドセンス)を極める!!聖なるアフィリエイト【特典付】
グーグルアドセンス かんたん報酬UP専用−高額キーワード集12319ワード
オススメの
アフィリエイトスクール
資料の濃さにおどろきました アフィリエイトで即効使えるノウハウでした 伊藤哲哉のマスターズアフィリエイトスクールの無料資料請求は↓から
メニュー
「グーグルアドセンス・アフィリエイトで金儲け!!」トップページ
→SEOとは
→Yahoo!・Googleを攻略してSEO
→検索結果順位を決める要因は何か?
→SEO(1)キーワード出現率
→SEO(2)タイトルにキーワードを入れる
→SEO(3)メタタグを記述する
→SEO(4)キーワードの配置・位置
→SEO(5)効果的なキーワードの選び方
→SEO(6)HTMLタグの適切な記述
→SEO(7)アンカーテキストマッチ
→SEO(8)リンクポリュラリティー
→SEO(9)ページランク
→SEO(10)サイトテーマ
→SEO(11)被リンク数を増やす方法
→SEO(12)ユーザビリティーを高める
→SEO(13)パンくずリストの作成
→SEO(14)サイトマップの作成
→SEO(15)更新履歴の作成
→SEO(16)アクセス解析の分析
オススメ情報!
\日本初、成果保証型アフィリエイト通信教育月10万円稼げなかったら、受講期間を無料で延長できます/

Powered by キーワード@Pages